受託オンライン

タカラバイオ / Active Motif(アクティブモティフ)

ATAC-seq解析

網羅的オープンクロマチン領域解析


カテゴリ
シーケンス(塩基配列)解析 > 塩基配列解析(シーケンス解析)・ゲノム変異解析 > 各種メチル化解析
シーケンス(塩基配列)解析 > 次世代シーケンス(NGS)解析 > 次世代シークエンス解析
シーケンス(塩基配列)解析 > 次世代シーケンス(NGS)解析 > DNAメチル化解析

サービスについて

特長

  • Transposomeによる網羅的オープンクロマチン領域解析(Assay for Transposase-Accessible Chromatin Sequencing:ATAC-seq)
  • 実験ごとの抗体バリデーションは不要
  • 経験と実績が豊富なActive Motif社による作業

概要

オープンクロマチン領域の網羅的解析を行います。ATAC-seq法を採用することで、従来法のDNase-seq法やFAIRE-seq法に比べ、少ない細胞数の解析に対応し、安定した解析結果が期待できます。
実験ごとに特定の抗体のバリデーションも不要なため、ChIP-seq解析より低価格で対応可能です。

サービス内容

未固定の培養細胞をご提供いただきActive Motif社で解析を行います。Transposomeを用いてオープンクロマチン領域を特異的に濃縮したライブラリー作製を行い、シーケンスします。取得したシーケンスデータは参照ゲノム配列にマッピングし、リードの集中する箇所をエンリッチ領域として検出、アノテーション情報を付与してリスト化します。さらに、マッピングの様子はUCSCゲノムブラウザにて閲覧可能な形式で納品いたします。一般的に、1件の解析について2検体以上の解析(Duplicateでの解析)が推奨されます。
ページ先頭へ戻る

納品物

  • シーケンス配列情報(fastq)
  • マッピング情報(bam)
  • ピークコール結果一式(Excel)
  • UCSC閲覧ファイル(BED、bigWigURL)
ページ先頭へ戻る

受入サンプル

提供物 サンプル量 処理方法
培養細胞 1×105細胞以上 細胞ペレットを凍結
・固定化は必要ございません
・血球系の細胞も可能です
組織 お受けできません。

上記基準に満たない場合は別途お問い合わせください。

ページ先頭へ戻る

ご注文に関して

お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。

製品カタログ・リーフレット

ページ先頭へ戻る

参考価格・納期

サービス項目 価格 納期
ATAC-seq解析 お問い合わせ お問い合わせ
ページ先頭へ戻る

関連サイト

ページ先頭へ戻る

※価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
※表示している参考価格は消費税等は含まれておりません。
※受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないで下さい。
※納期は参考納期です。諸事情により、前後する場合がございます。納期の詳細については個別にお問い合わせください。
※会社名・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。
※納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合があります。
※ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
 ヒト由来のサンプルの場合、ご所属の組織の倫理委員会などで承認が得られたものが受領されます。
※人間への感染性が疑われるサンプルに関しては、お受けできない可能性がございます。
※サンプルの保管および返却を行っていない場合があります。お客様より提供いただいたサンプルおよび解析データ等は、業務終了後、廃棄される場合がございます。